今回は学生の方そしてご両親もお困りでいらっしゃるであろう、ハルタの靴の擦れ跡を直しましたのでご紹介したいと思います。

お悩みの箇所はほとんどの場合がここです。靴の内側の擦れ跡です。

ここです。ここの色が抜けた部分です。気になって仕方ありません。

色も黒色なので、靴墨ですぐ色が入るのでは?と思われるかもしれませんが、全く色が入りません。

その理由は、ほとんどの学生靴に指定されるローファーがガラスレザーという素材だからです。ガラスレザーは革の上に樹脂コーティングされているため靴墨を弾いてしまうのです。

それではどのようにして色を入れるかというと、顔料ベースのレノベイティング補修クリームを使用します。顔料は革の上に色を載せる性質があるため、ガラスレザーでも補色が出来るのです。ただし、塗った感じが出てしまいますので分量や塗り方にコツが必要です。

学生靴のハルタ。靴の擦れ跡を隠すための手間は色々。

上記が、顔料で補色したての状態です。塗る前にも下処理を行います。顔料は油分があると弾いてしまいますので塗る箇所はしっかりと脱脂をします。

それから、ローションと顔料クリームを混ぜ合わせて濃度を調整しながら重ね塗りをしていきます。あまり厚塗りをするとひび割れの原因になりますので注意が必要です。

その後しっかりと乾燥させてから艶を出すためにワックスで仕上げます。そうすると下記のような仕上がりになります。

学生靴のハルタ。靴の擦れ跡はキレイに補修できる?金額や納期は?

このように艶を出して上げることでさらに目立たなくなりました。屈曲させてもひび割れたりしません。

前から見るとこんな感じです。色が入らないガラスレザーですが、簡単にツヤがでるのが良いところですね。これでまたキレイに履くことができますね。次はあまり擦らないように気をつけましょう!笑

さて納期ですが、黒色や濃茶であれば最短でその日にお渡しが可能です。

金額は、今回は女性の靴でしたのでショートタイプ1,500円、色補修代が1,500円で計3,000円でのご案内となりました。履きなじんだ靴を履いた方がストレスなく学生生活をエンジョイできるかと思います。

結構この手の学生靴はお持ち込みが頻繁にありますので、気になられた方は是非お持ち込みください。また、自分でチャレンジしてしたい!なんて方もいらっしゃいましたらお問い合わせくださいませ。

お読みいただきありがとうございました。

靴磨きメニューも是非ご覧ください。

靴修理、鞄修理メニューも是非!

小川大地

小川大地

名古屋で唯一の、ホテル内にある靴磨き・靴修理店です。
靴磨きメーカー、サフィールのシューケアトレーナーの資格を持っています。
日々靴と向き合い、靴磨きの技術を磨く努力を重ねております。

プロフィールはこちら

靴磨き・靴修理店シュシュット

その場靴磨きご予約

ご来店時にその場で靴磨きを仕上げる【その場靴磨き】をご希望の方のみこちらからご予約ください。

個人情報の保護について

インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。

お問合せ

個人情報の保護について

インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。