よく革靴でほつれる部分は、この部分です。履き口の部分です。靴を履く際にここを踏んでしまうことが多いと、いつの間にか糸が解けてこのようになっていると思います。こうならないように靴べらを使って踏まないように・・・と気をつけていてもなってしまうのが靴です。そこは仕方がありません。

糸がほつれてしまったら、なるべく早めに縫い直してあげることをお勧めします。ほつれが進むと革の部分にまで負荷がかかりやすくなるためです。

靴のほつれを縫い直し。どのように行う?

基本的に使うのは八方ミシンと言われるものです。四方八方に縫えるミシンだから、八方ミシンと呼ばれているそうです。詳しくは知りません!

手縫いでもいいのですが非常に時間がかかりますし、ミシンでもキレイに縫い直してあげることが可能です。

これはバッグの縫い直しですが、こんな感じで靴も縫います。

もちろんただ縫うだけではなく、接着をしたり、もともとの糸を全て外したりとした準備も大事です。

靴のほつれを縫い直し。金額や納期、仕上がりは?

こんな感じです。もともとの縫い穴に通すようにしますので、新しい縫い目が出ないようにきをつけます。靴の状態によっては、新しく縫い目を出した方が良い場合もありますので実際に靴を拝見して決めます。

納期は最短でその場で、金額は1箇所1,500円税抜。範囲が広い場合は追加料金が発生します。

ほつれを放置しておくと靴に負荷がかかってしまいますのでできる限り早めに対策してあげましょう。

お読みいただきありがとうございました。

小川大地

小川大地

名古屋で唯一の、ホテル内にある靴磨き・靴修理店です。
靴磨きメーカー、サフィールのシューケアトレーナーの資格を持っています。
日々靴と向き合い、靴磨きの技術を磨く努力を重ねております。

プロフィールはこちら
メニューを閉じる

その場靴磨きご予約

ご来店時にその場で靴磨きを仕上げる【その場靴磨き】をご希望の方のみこちらからご予約ください。

個人情報の保護について

インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。

お問合せ

個人情報の保護について

インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。